金型設計

OHARA Jushi Kogyo co., ltd.


熱解析と流動解析

高精度なサーモグラフィカメラを使用して、試作時や、成形トライ時に
成形品の実際の温度を見ることで、独自の熱解析を行い、
その結果と流動解析でのシュミレーション結果を組み合わせることで、
量産安定できる金型製作につなげています。
流動解析.jpg流動解析結果熱解析.jpg熱解析結果


3次元CAD設計

私たちは2002年9月に、Unigraphics Ver.18.0を導入して以来、
金型作成時に3次元CADを用いて設計しています。
現在、豊代工場では専任の設計者がNX5を使用し、
お客様の高い要求と自社での成形効率を達成すべく、
「良品量産安定化技術」を詰め込んだ金型を作成しております。
またCAMは、FF-AUTOを使用しています。

日々、量産時にいかに良品を長時間成形することが可能か考え、
様々な樹脂原料に対するガスベントの高効率化、
樹脂原料の摩耗・腐食に対する金型材質や表面コーティングの効果的な、
選定もしております。


金型・入れ子パーツ作製など、
どうぞ自動車業界で、培われたノウハウと、コストをお試しください。


CAD001CAD002CAD003CAD004


20090522 5727 filter mold view.JPG