良品量産安定化技術

OHARA Jushi Kogyo co., ltd.


私たちの成形技術は、1950年から半世紀以上の経験を積み重ね、
お客様からの高い要求をクリアしながら、今日に至っております。

樹脂原料は、PA6、PA66、POM、PBT、PPS、LCPを軸とした、
各社エンジニアリングプラスチック材料を約65ton~70ton/月に使用しています。

成形機に関しても、幅広いお客様のご要望に答えるため、
10tonから280tonまでの各メーカーの横型・竪型約120台を擁しております。

私たちの製品の多くは、品質・性能・寸法の厳しい自動車用精密機能部品
(エンジン内・アクセル・ブレーキ・燃料周りなど)の安全基準の高い部分に使われています

現在私たちは、今まで培ってきた金型と成形技術をベースとした「良品量産安定化技術」と「高機能性樹脂」に取り組んでいます。

「良品量産安定化」とは、
・良品=図面通りの初期立ち上がり時の質の良いもの
・量産=製品の命が終わるまでのずっと長い間
(我々の製品で長いものは30年、40年があります)
・安定化=どんな影響も受けない状態を維持安定する

この考え方を妥協することなく進めることで、日本をはじめ、世界中どこでも、同じ品質・同じコストで、量産できることを目指しています。

これは「オハラ樹脂」独自の技術です。この技術を武器に、日本生産で世界に楽勝し、さらに高付加価値を付けるため、高機能性樹脂の良品量産安定化技術にも取り組んでいます。

主製品

○薄肉部(0.3mm)製品・段差規格(0.03mm以下)製品など
○小型軽量部品
○ナイロン、SUSメッシュや金具インサート部品
○PPS材のケースやカバー部品(150mm角)
Doticon_red_Right.png愛知ブランド企業


●良品量産安定化技術

・設計段階
3Dプリンター品で独自の「熱解析」と「流動解析」で不具合予測をし
製品形状提案や、金型および、設備設計仕様につなげます。

また今まで実際に試作型で成形しないと分からなかったことも
この「熱解析」と「流動解析」で分かるようになったため
実際に試作する段階で、
量産と変わらないレベルで試作品を作ることができるようになり
精度向上と試作時間短縮につながっています。

・量産時
温湿度監視された量産工場で
注文から出荷までを一元管理した独自の「総合品質システム」で
原料管理、設備・金型保全を中心に量産管理をしています。

事例紹介
(1)解析技術
R5019096.JPG3Dプリンター
3Dデータから、3Dプリンターで、実際のサンプル品を出力し、
サーモグラフィカメラを使用して、弊社独自の熱解析を行い、
同時に流動解析を行うことで、
「金型設計→試作成形トライ→測定→金型修正」までの時間を大幅に短縮し、
高い品質のまま、スムーズに安定量産に繋げます。
熱解析.jpg熱解析画像サンプル
流動解析.jpg流動解析画像サンプル


(2)原料保管タンク
R5018690.JPGHottank(原料保管設備)Hottankデータ.jpgHottank内の原料水分率推移グラフ(緑色)
良品量産安定化に欠かすことができない原料保管タンク。
PA樹脂など吸水性樹脂を袋開封後、
大気環境の影響を受けずに保管できるタンクです。
保管タンク内の環境は、温湿度計で常時監視しています。
PA樹脂保管時に未乾燥のまま保管できるため、省エネ・節電効果はもちろん
熱劣化による物性低下・外観不具合の影響を防止することができます。




詳しくは、Doticon_red_Right.png●OHARA jk BLOGに書いてありますので、是非一度お立ち寄りください。



あなたの設計を実際の形にします。
自動車業界はもちろん、介護・医療環境、コネクター、ロボット、航空・宇宙、
インテリア、デザイン業界など、
プラスチックで、作製したいものがありましたら、是非一度お問い合わせください。

画像 033.jpg